出会い系サイトを愛用するOL

若者の未婚率は年々上がっており、今では男女ともに20代の半数以上が独身です。30代でも2割~3割以上の未婚率となっており、少子化もうなずけます。しかし、未婚の男女は必ずしも結婚したくない、というわけではありません。20代のうちは、焦る気はないけど良い人がいれば、という程度の結婚願望です。しかし、30歳を過ぎると少しずつ焦りが出てきて、35歳を過ぎたらもう婚活しかない、という気になってきます。
なぜ結婚願望がないわけではないのに、30歳を過ぎるまで独身のままなのか、疑問に思う人もいるかもしれません。実は、社会人になると出会いはぐんと少なくなります。職場は同性ばかりだったり、異性がいても結婚している年配の男性ばかりだったり、となかなか上手くいきません。仕事に遊びに忙しくしていて、気がつけば30代に突入していた、というOLが都内に多いパターンです。
出会い系サイトは、一時はダークなイメージがありました。犯罪に巻き込まれる未成年の少女がニュースで取り上げられたことも、イメージを悪くした理由の1つでしょう。しかし、都会で社会人としての経験をある程度積んでいる30代のOLとなれば、常識も人を見る目も備わっています。出会い系サイトを利用したとしても、簡単には騙されない、という自信があります。何回かメールのやり取りをすれば、手軽な遊び相手を探している男性なのか、真剣交際を求めている男性なのか、くらいはすぐに分かります。
30代の都内OLは、出会い系サイトを婚活のツールの一つとして利用しています。結婚相談所や、独身証明書が必要な婚活サイトも視野に入れつつ、まずは出会い系サイトで婚活のリハーサルをする、という感じです。軽く遊べる相手を探している男性が多いのは確かですが、逆に女性のほうも軽い気持ちで婚活を始められる、というメリットがあります。
ただ単に職場で出会いがなく、真剣に交際できる相手を探している男性も出会い系サイトには大勢いて、運命の相手を見つける男女も少なくありません。