出会えない相手と知り合う

ここ最近の話ですが、様々に趣向を凝らした出会い系サイトでの婚活ベントを目にするようになりました。例えば、ウォーキングやバーベキュー、寺院巡りなどのアウトドア系の出会い系サイトでの婚活イベントから、お料理教室や、室内スポーツであるボルダリングなどの室内で楽しめるものまで、イベントも出会い系サイトでの婚活も楽しく行えるという内容の出会い系サイトでの婚活イベントが増えていますので、気になった方はぜひ一度調べてみてください。 (さらに…)

親しい友人のいない人と関わるとき

気分が良くても、親しい友人のいない人と関わるときには注意するほうがよいでしょう。このような人は機知にとみ、一緒にいて楽しいかもしれないが、そのユーモアはすべて他人をこきおろすことや敵意が込められている可能性が高いからです。そういう人と結婚すれば、あなたはやがてその敵意のこもったユーモアの対象となり、後悔しながら結婚生活を送ることになるかもしれない。結婚相手には、大切にしている友人のいる人で一緒にいて楽しい人がよいでしょう。友人のいない人は、どのように人を愛したらいいかを知らない。私たちがたいてい良い気分を味わっており、同様に感じる他の人と親しい関係にあると仮定しよう。この場合、私たちがどのように感じるかは、かなり正確に自分たちの愛と所属の欲求をどのようにうまく満たしているかを示している。 (さらに…)

刹那的な快感

愛と所属の欲求を満足させるためには他人が必要である。他人の力になれると、気分も良いですしね。その過程で自分の力の欲求を満たせることにも気づいてくる。欲求を満たそうとするとき、自分が帰りたくなったら、誰かがいつでも歓迎してくれる望みを持って、自由な行動をする。私たちは学習することが好きだし、他の人と楽しくすることも好きだ。私たちの基本的欲求を満足させる理想の方法は、お互いが親しくなり、その親しい関係を維持することである。誰とも親しい人間関係を持っていない人は、いつでも孤独で、気分も良くない。明日になっても気分が良くなるという確信がない。明日もきょうと同様孤独であるからだ。不幸な人は刹那的な快感に集中する。 (さらに…)