運命の出会いを探し求める

世の中には何でも受け入れてくれる相手は存在しないと思ったほうがいいでしょう。相手に理解してもらうには、きちんとコミュ二一ケーションする必要がありますよね。内容によっては、理解してもらえないこと、わかってもらえないこともあるという前提でいなければ、相手に対する不満や失望がつのるばかりですね。すべてをわかって受け止めてほしい、という強すぎる願望や、わかってくれるのが当たり前、といった甘えがある人は、思い通りの対応をしてくれない相手に対し、イライラや不満が爆発してしまいますね。親しくない知人や会社の上司に対して、思いのたけをぶちまけるようなことをすれば、お互いの関係が瓦解することは火を見るよりも明らかです。同じことでパートナーへの甘えから距離を見失った行動を取れば、取り返しのつかない事態に発展する恐れがあります。社会に出て、立派に仕事をしている大人の女性なら、何も言わなくても自分のすべてを受け入れてくれる人、という存在が、幻想でしかないことに気づいていることは多いですよね。内面を磨く努力をせずに「運命の出会い」を探し求める女性には幸せはやってこないのかもしれません。

誰にも依存しない快感

自分以外の誰にも依存しない快感を得るために私たちにできることがあるんです。多くの人は快感を得るためにマスターベーションをする。そのとき他人を空想しているかもしれないが、快感はその人に依存しているわけではない。私たちはまた、他人を利用することから快感を得る。例えば、相手を見下げることは、私たちがよくしていることである。その過程では、愛と所属の欲求は損なわれでも、確かに力の欲求を満たすかもしれない。私たちは、快楽のために他人の体をただ使って、愛のない性行為に従事することで、生存に関与する遺伝子を満足させることができる。私たちは、麻薬を使って、自分の頭脳をごまかすことができる。麻薬は、欲求が満たされたときに得られる良い気分と類似した感情を提供してくれるからです。私たちのほとんどは、幸福になることをあきらめないのです。より良い人間関係は容易ではないが、私たちにとって人との関わりが必要であるという考えを決して投げ出すことはない。こうした理由で、私たちの社会が機能しているのです。私たちは生存するために特に努力しているのである。自分だけで努力しているよりも、一緒のほうが容易で、より効果的で、たいてい気分も良いものなんですね。驚くほどたくさんの人妻が出会い系を使っているというのも、まさにそういった理由からでしょう。他人の体を使って快楽を得るというのは、やはり深く充たされるということはないのかもしれませんね。